包茎の種類について

包茎は、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3種類に分類されます。種類によって包茎の状態も異なります。

包茎手術に関するQ&A

包茎手術の傷跡は残りますか?

切開手術のためどうしても傷跡は残りますが、一目で手術がバレるような大きな傷ではありません。

手術をするのに年齢制限はありますか?

包茎手術自体に年齢制限はありませんが、未成年の場合は保護者の同意書が必要になります。

手術後の男性器に違和感はありませんか?

手術後すぐは皮がつっぱる感じがしますが、時間とともに馴染んでいき気にならなくなります。

手術後に男性器の機能に障害は出ませんか?

包茎手術の後は早漏が改善したなど、男性器の機能があがったと喜ぶ人の方が多いです。

包茎手術に痛みはありますか?

麻酔をして行うので手術時に痛みはありません。また、包茎手術自体も短時間で終わります。

診察を受けて症状を確認

医者

日本人男性の半数が仮性包茎と言われています。しかし、稀に病名が付いてしまう症状に悩んでいる人がいるのです。それは、真性包茎やカントン包茎といった症状です。こうした症状を抱えている場合、陰部が不衛生になりやすかったり、射精をする際にトラブルを抱えているケースが少なくありません。もし、自分の亀頭部分がおかしいと感じる所があれば、まずは泌尿器科もしくは包茎手術の専門クリニックにて診察を受けてみることです。カントン包茎や真性包茎と診断された場合には、保険が適用されて安く包茎手術を受けることが可能です。注意点としては、仮性包茎は病ではないために保険適用の対象ではないということです。気になる場合は診察を受けてみましょう。

性に対するコンプレックスの解消

手術室

男性の性に対するコンプレックスの多くが、性器の奇形から生ずるものであると言われています。特に、包茎についてはコンプレックスを冗長する場合もあるため、放置して良い問題ではありません。そこで、包茎手術を受けることにより、平均的な日本人男性の男性器に改善することができます。手術は高度な技術が必要であるため、いくつか病院をあたってみて、信頼して任せられる病院で手術を受けることが好ましいと考えられています。

日常生活の支障がなくなる

下半身

カントン包茎や真性包茎の場合、日常生活に支障をきたすことがあります。例えば、カントン包茎の場合、亀頭が締め付けられているので、勃起をした時に痛みを感じることがあります。他方で、真性包茎の場合、包皮が亀頭にかぶさっているため、射精が上手くできないという問題が常に生じます。このような亀頭の状態では、日常生活に支障をきたすばかりか、衛生面での問題が発生します。それを解消するためにも包茎手術が必要になります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中